2017.1.16 イベントの主催とか企画とか・・・

ダンナの留守にひとり酒…(o^^o)
0116umeshu.jpg


講座等を企画するようになったのはここ1年半なのですが、
自分でいろいろやってみて、わかったことがあります。

その会(イベント、講座)の器というのは、そもそものスタート時点で
『(言い出しっぺが)この世界になにをもたらそうと願ったか✨』によって
形作られ、その器にパフォーマー(講師やアーティスト)をパイプとして
適切なエネルギーが流れ込む…💓

言い出しっぺ(主催者、オーガナイザー、コーディネーターと呼ばれます)が、
どんな可能性にフォーカスし、どの程度ビジョンを明確化でき、
パフォーマーや(潜在的な)参加者とどれだけ心を合わせ、
”陰のファシリテーター”として十分に機能しているか。
『場づくり』ともいいます。
イベントの器、そして成否の第一段階はそこで決まる。

言い出しっぺは、雑用係でもボランティアでもなく、
総合職的なプロのお仕事でありえますよね。
そう考えると、標準的な企画料・コーディネート料が
10%とか15%ってのは低すぎるねぇ…
ましてボランティアなんて「好きの搾取⁈」かも。
そこをちゃんと整えると、主催のモチベーションが上がって、
うまくいくイベント増えるかもなぁ(^-^)💓

例えば、『私はプロの主催者なので、
報酬もしっかりいただきます!』って素晴らしい宣言だと思う。
いうまでもなく黒字が大前提、実績も必要やけどね(o^^o)

ちなみに私はオーガナイザーとしても尊重していただいているので、
何の不満もありません♬💓
力量豊かな素晴らしいパフォーマーの皆さんと協力させていただけて、
しあわせです
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する